司法書士試験に合格するために必要な3つのこと

Aランク知識を徹底する

Aランク知識とは、どんな教科書にも必ず載っている基本知識のことです。合格するためには、このAランク知識をマスターしなければいけません。それでは、マスターするとはどれくらいのレベルをいうのでしょうか。ひとつの目安として、過去問を見て瞬時にその答えと理由が答えられるかどうか、チェックしてみてください。Aランク知識は過去問で何度も繰り返し問われています。試験までに何度も解いて、答えと理由がパッと思い浮かぶレベルまで引き上げておきましょう。

基本知識とプラスアルファの習得

Aランク知識をマスターしました。でも残念ながらそれだけでは足りません。司法書士試験は合格率3パーセントの超難関試験なので、プラスアルファがどうしても必要になってしまうのです。そのプラスアルファの見極めが難しいところですが、1過去問で出題されたトピックの周辺知識、2法律が改正された部分、3予備校の直前模試で出題されたテーマは抑えておきたいところです。毎年あと1点で涙を飲む受験生がたくさんいます。そうならないためにも上記3つの内容はきちんとマスターしておきましょう。

模試で何度もシュミレーション

どれだけ知識を仕入れても時間内に解けなければ意味がありません。司法書士試験は、膨大な法律知識が問われる試験ですが、事務処理能力を問う試験でもあるのです。「時間があったら解けたのに」は言い訳にはなりません。それは単なる実力不足です。そこで予備校が実施している模試の出番です。お金に余裕があれば大手予備校の直前模試はすべて受講しておきましょう。この直前模試で本番をシュミレーションしておくのです。ここで弱点を克服しておき、本番は練習の延長のつもりで試験に臨めば、合格はグッと近づくはずです。

司法書士の試験は法律に関する資格の中でも勉強しやすい方だといわれます。また司法書士の仕事は需要も高いこともあり、現在人気のある資格です。