ネットショップの決済にクレジットカードは必須!でも感情に流されないで!

クレジットカードはとても便利でおすすめ!

クレジットカードはとても便利ですね!何が便利なのかというと、その便利さはインターネット上で特に発揮されます。ネットショップで何か買い物をした時に、銀行振り込みにした場合は、ネットバンキングだとしてもログインして金額を入力して振り込むというように一手間必要です。ですが、クレジット決済であれば、その場で決済ボタンをクリックするだけ、、クリックする回数も銀行振込より数段に減ります。また、今はネット上に便利な決済方法が沢山ありますが、それらの決済をするにはクレジットカードが必要なケースが多いですね。

クレジットカードの便利さに潜む不便さ

クレジットカードは非常に便利ですが、便利さと同時に不便さもあります。クレジットカードは決済してから長くて2ヶ月後に、実際にカード会社にお金を支払うことになるので、手元にお金がなくてもものが買えてしまいます。これは一見便利さにも見えます。実際これはクレジットカードの便利さの一つなんですが、実は不便さが含まれた便利さです。と言うのは、2ヶ月後の収入は決定していないのに、先に購入してしまうからです。この落とし穴に落ちるパターンというのは、つまり、収入以上の買い物をしてしまうということです。これはクレジットカードの落とし穴として昔から有名なものですよね。

ネットショップは素晴らしいセールスで感情を動かす

ネットショップの決済にはクレジットカードは必須です。そして、ネットショプ運営側は、基本的に顧客の2ヶ月後の収入なんかには無関心です。とにかく自社の商品を買ってもらうことが優先なので、サイト上で自社商品の魅力を素晴らしいセールスコピーで訴えてきます。それでネットショップ訪問者は、ついつい先のことを考えず、買ってしまうんですね。人は感情で買い物を決定してしまうものです。感情で購入を決定してから、後で理由をくっつけるものです。そういう認識を持って、インターネットで商品を見るときは感情には注意したいものですね。

決済代行は、ネットマーケティングを効果的に行ううえで、とても重要な取り組みのひとつとして扱われています。