家庭教師のアルバイトをしたいけど、どれくらい稼げるの?

高額の時給として知られているけど、実際どうなの?

家庭教師のアルバイトって、なによりも時給が高いイメージがありますよね。中には、時給2000円以上という求人もあり、とても効率が良さそうなアルバイトです。しかし、最近ではブラックバイトとして塾講師のバイトや家庭教師のバイトが問題に挙げられているニュースもありました。また、時給は良いけど毎日入れないし、長時間働けないから稼げないという声もあります。家庭教師のバイトには、契約方法によって給料や条件が大きく変わります。

派遣会社に登録するか、個人契約を結ぶか

家庭教師としてアルバイトをするには、派遣会社に登録するか、インターネットの掲示板のような所で、家庭教師募集している家庭の求人に応募することで、個人契約を結ぶという2つの方法があります。派遣会社に登録すれば、お仕事がないという悩みを抱える必要はあまりありません。しかし、仲介役として会社の存在があるので、実際にもらえる給料が、個人契約よりも少ないという点もあります。個人契約では、競争率が激しいが一度契約することができれば、生徒が受験合格するまで長期に渡って好条件でお仕事できるのがポイントです。

家庭教師のアルバイトで注意すること

では、晴れて家庭教師のアルバイトを始めることができたとして、気をつけないといけないことはなんでしょう。それは、給料が発生しない時間外の労働をしがち、いわゆるサービス残業のような状況が起きてしまわないようにすることです。教え子を合格してたいがあまり、日常生活に影響があるほど教材づくりや準備に時間が取られてしまうことです。また、派遣会社から指導能力向上という名目で、教材を買わされてしまったり、指導の準備には一切給料が発生しないので、時給にしたら普通にアルバイトしたほうがマシということも起きてしまいます。生徒の合格のためにできる限りのサポートをしたいのが教師ですが、それによって生活に悪影響を及ぼしてしまわないようにしましょう。

家庭教師のバイトの時給は、高めに設定されていることが多く、大学生や専門学生に人気のある仕事として扱われています。