登校拒否の子に対する支援が徹底している!通信制高校の魅力とは

わざわざ登校しなくて良い?

登校したくない!と考える学生は増加している傾向にあります。最近は人間関係が上手く築けない方がたくさんいるのです。そのような登校拒否をしてしまう子に対し、わざわざ学校へ行かなくても授業をうけることができるサービスを提供している通信制高校があるんです。自宅にパソコンを用意して、そこで通信制高校の学校の教師が画面上で授業を行います。普通の学校のように質問をその場ですることはできませんが、先生にメールや電話を通じて質問することができるようなサービスがあるんです。

カウンセリングが常にできる学校

登校拒否になる理由は、人それぞれですよね。先ほど述べた人間関係による影響もあれば、勉強がついていけなくなったという理由の子もいます。そのような人になかなか相談できない登校拒否に関する悩みを常に相談できるよう、カウンセラーが常時いる通信制高校があるんですよ。そうしておくことで、悩みをひとりで抱え込むことが減りストレスを軽減する事ができるんです。このカウンセリングを利用して、登校拒否を克服できた人もいるんです。

自分の好きなように授業を進められる通信制高校

不登校になってしまった生徒の中には、先ほどもいったように授業に追いつけなくなってしまったという理由で登校拒否をしてしまった人もいます。そのようなストレスを軽減するために、自分で勉強を進めてわからないところを教師に聞くという授業スタイルをとっている通信制高校があるんです。そうすれば、学校の先生と1対1でコミュニケーションをとることができるので、学校へ行くのも楽しくなり授業も積極的に参加しようという気になれるのです。

通信制高校では、社会人や高校を中退した人、様々な事情により不登校が続き高校進学が困難だった生徒など、幅広く生徒が集まり、レポートとスクーリングを中心に、高校卒業と同等の資格が得られます。