ファイナンシャルプランナーの資格取得の仕方

ファイナンシャルプランナーとは

ファイナンシャルプランナーという資格は、資格を持っている人から見るとある人の将来設計におけるお金の使い道をその人の収入支出、借入、家族構成など様々な個人情報から、資金の使い道などをアドバイスする資格です。皆さんがこの資格を持っている人に接する機会は、主に車の購入や子供の教育費、住宅の購入やリフォームなど銀行からお金を借りるときに接することが多いでしょう。この資格、自分で持っていれば自分の将来設計は容易にできるでしょう。

ファイナンシャルプランナーの取り方ステップ1

ファイナンシャルプランナーの取り方は、ほかの資格と同じように専門の参考書を利用して勉強してファイナンシャルプランナーの資格試験を取り扱っている協会の試験を受験するのが先決な手段です。参考書は大手書店やインターネットのオンラインショップで取り扱われています。資格の種類は3種類あるので、まず3種類のなかで一番簡単な種類を選ぶのが良いでしょう。もし自分の頭脳に自信があったりほかの種類が簡単だと思った人は難しいのに挑戦するのもよいでしょう。

ファイナンシャルプランナーの取り方ステップ2

次に、ひととおりの勉強が終わったら協会が主催する試験に申し込みましょう。試験は5月と9月と1月に開催されます。なお、一番難しいクラスでは年一回のみの開催になります。試験は2種類あり、午前中に学科試験、午後に実技試験があります。学科や実技とはいえマークシートで回答する形式なので実技試験だからといって特別な対策をする必要はありません。一番難しいクラスでは実技試験のみとなります。合否の判定は試験終了からおよそ1か月後になります。

資格に合格するには、自分の生活やスタイルに合った勉強方法が大切です。独学や通信教育、専門学校でのファイナンシャルプランナーの講座の受講など、それぞれの側面からの検討が必要です。